PAGE
TOP

仙台ソープ特集人気アクセスキーワード一覧

ソープ比較結果を見てみる

345 view ソープ料金相場 「サービス料」とは?ソープの料金システムとランク別料金相場も
「サービス料」とは?ソープの料金システムとランク別料金相場も

ソープは、浴室でのスケベ椅子やマットを使ったプレイが特徴的な風俗サービスであり、風俗の王様と呼ばれることもあります。ソープの利用にあたり、プレイ内容だけでなく、料金システムについて把握しておきたい人は多いのではないでしょうか。

さまざまなサービス形態が存在する風俗店の中でも、ソープの料金システムは特殊であり、サービス料と入浴料に分かれていることが特徴です。当記事ではソープのサービス料とは何かの説明から、ソープのランク別料金相場や入浴料・サービス料の支払い方法までを解説します。

 

1.ソープの「サービス料」とは?

ソープの「サービス料」とは、ソープを利用する時にかかる料金のうち、ソープ嬢によるサービス部分に対して請求される料金のことです。

デリヘルやピンサロなどの一般的な風俗店を利用した場合、利用にかかった金額は「利用料金」として一括で請求されます。一方で、ソープは他の風俗とは異なる特殊な料金形態をとっており、利用料金の一部として「サービス料」が存在します。

以下ではソープのサービス料について、詳しく解説します。

 

1-1.ソープでかかる料金は「入浴料」と「サービス料」の合計

ソープでかかる料金は、「入浴料」と「サービス料」に分かれています。入浴料とサービス料はそれぞれ意味が異なるため、ソープを利用する時に間違えないようにしましょう。

○入浴料

個室付きのお風呂を利用するために支払う料金のこと

○サービス料

ソープの女の子が提供するサービスに対して支払う料金のこと

ソープでかかる全体の料金は入浴料とサービス料の合計であり、一般的に「総額料金」と呼びます。

ソープの店舗ホームページでは、料金システムとして入浴料のみを記載していることが多いものの、実際にかかる料金はサービス料が加算された総額料金となるため注意してください。ただし、近年では総額表示をするお店も見られます。

 

1-2.なぜ「入浴料」と「サービス料」に分かれている?

ソープの料金が入浴料とサービス料に分かれている理由は、ソープが公衆浴場としての面と、性風俗店としての面を持ち合わせているためです。

ソープは法律上、特殊浴場の一種である「個室付浴場」として営業しています。つまり、お客さんは浴場を利用する目的でソープに来店しているため、ソープは浴場の利用料金として「入浴料」を請求しています。

一方で性風俗店としてのソープは、個室付浴場でソープ嬢が性的サービスを提供しています。しかし店側は、ソープ嬢が提供するプレイについて「同じ場所にいる男女の自由恋愛によるもの」としています。つまり、ソープ店側は個室付浴場を提供しただけであり、プレイはソープ嬢側の自由意志で行われている、といった建前です。

実際にソープとソープ嬢は雇用関係ではなく、あくまでもソープ店側がソープ嬢と業務委託契約を結んでいるに過ぎません。ソープ嬢は独立した個人事業主として働いているため、お客さんはソープ嬢が提供するサービスに対して「サービス料」を支払う必要があります。

 

2.【ソープ】サービス料の目安とランク別料金相場

ソープの店舗ホームページでは入浴料のみが記載されている場合も多く、サービス料が明確ではないこともあります。サービス料は入浴料の2~3倍であることが多いため、サービス料を把握したい場合は目安として覚えておきましょう。明確なサービス料を知りたい場合は、ソープ店に電話で問い合わせる、風俗情報サイトや体験談を見るといった方法がおすすめです。

ソープはお店のランクによって、「大衆店」「中級店」「高級店」の3種類に大きく分けられます。お店のランクごとに料金相場も異なり、それぞれの総額料金相場は下記の通りです。

総額料金の相場 プレイ時間
大衆店 約10,000~40,000円 約40~90分
中級店 約40,000~50,000円 約90~100分
高級店 約50,000~80,000円 約110~180分

以下では、各ランクの特徴とランク別料金相場を解説します。

 

2-1.大衆店

大衆店とは、ソープの中でも最も料金が安いランクのお店です。中級店や高級店と比べて、大衆店はプレイ時間が短めであるものの、特定のジャンルに特化したりコスプレを用意したりと個性的なお店が多いことが特徴です。

大衆店
入浴料 サービス料 総額料金
約3,000~15,000円 約7,000~20,000円 約10,000~40,000円

大衆店よりも安いお店には、総額料金が10,000円以下でプレイを楽しめる格安店や激安店と呼ばれるランクも存在します。しかし、大衆点を含む低価格のソープでは、ソープの醍醐味であるマットプレイがなく、ベッドプレイのみの店舗も存在するため注意してください。

はじめてソープを利用する人や、ソープを存分に楽しみたいという人はマットありのお店や、中級店以上のお店を選ぶことがおすすめです。

 

2-2.中級店

中級店とは、大衆店よりもランクが高く、ソープ嬢として働く女性のレベルも高いお店です。大衆店と比べて入浴料・サービス料は高いものの、プレイ時間も長いためマットプレイをしっかりと楽しむことができます。

中級店
入浴料 サービス料 総額料金
約15,000~20,000円 約20,000~30,000円 約40,000~50,000円

中級店はお店側がソープ嬢をしっかりと教育していることが多く、プレイ内容も充実しています。マットプレイ前のスケベ椅子や、浴槽内で行う潜望鏡など、ソープならではのプレイを楽しみたい人は中級店以上を選びましょう。

 

2-3.高級店

高級店には、教育が行き届いたハイレベルな容姿のソープ嬢が在籍しており、丁寧で上質な接客を受けられます。ソープの中で最もランクが高く、入浴料・サービス料を合計した総額料金も高額です。お店の内装も豪華であり、待合室も高級ラウンジのような雰囲気となっています。

高級店
入浴料 サービス料 総額料金
約20,000~30,000円 約30,000~50,000円 約50,000~80,000円

高級店は入会金が必要なケースもあり、総額料金以外にも費用がかかるケースが少なくありません。しかし料金が高い分だけ、プレイ内容も充実していることが特徴です。シャワーを浴びる前にフェラしてもらう即尺や、シャワーを浴びずにプレイに入る即即などのオプションを用意しているお店も多数存在しています。

 

3.ソープの入浴料・サービス料の支払い方法

一般的に、ソープの入浴料とサービス料は総額料金としてまとめて前払いします。受付で指名やコースの確認後に総額料金が請求されるため、そのまま料金を支払いましょう。

ただし、一部の高級店では入浴料を受付で支払い、個室でソープ嬢にサービス料を支払う昔ながらの手順が求められるお店もあります。老舗のソープで伝統を守っているケースも見られるため、心配な場合は電話予約時に確認しておくことがおすすめです。

また、ソープの指名料やオプション料金は、総額料金とは別にかかる料金であるため注意してください。指名料とは、特定のソープ嬢を指名予約したい場合にかかる料金であり、人気嬢や高級店を利用したい場合は必須となります。指名料のランク別相場目安は、大衆店が約1,000~3,000円、中級店が約3,000~5,000円、高級店は約5,000~10,000円です。

ソープは浴場である建前上、オプションがあるお店は多くありません。しかし、中級店や高級店では、即尺などのオプションに対応した店舗も存在します。オプションを利用したい場合は財布にプラスアルファの予算を用意しておきましょう。

 

まとめ

ソープにかかる基本的な料金は、サービス料と入浴料を合計した総額料金です。サービス料とは、ソープ嬢が提供するサービスに対して支払う料金のことで、入浴料はソープの個室付浴場を利用するために支払う料金のことを示します。

また、ソープをランクで大きく分けると、「大衆店」「中級店」「高級店」の3種類が存在します。ランクごとに総額料金やプレイ時間の相場は異なるため、自分に合ったランクの中から利用するお店を選びましょう。